ライバーとYouTuberの違いとは?【ライバー市場がこれから伸びる理由】

ライブ配信アプリ

こんにちは。ゆゐ(@asanagi_yui)です。
今回はライバーとYouTuberの違いをテーマにお話しします。具体的には

  • ライバーとYouTuberは何が違うのか
  • そもそもライバーとはどんな職業なのか
  • ライバー業界はこれから伸びるのか


こんな疑問をお持ちの方に読んでいただきたい記事です。

ライバーはYouTuberと同じく拡大し続ける市場

小学生のなりたい職業ランキング上位にランクインしているYouTuber。

トップクラスのYouTuberになれば年収億単位になれることもあり沢山の人たちがトップYouTuberを目指し拡大し続ける市場です。

しかし、既に飽和状態であり今から成功するのは厳しいとも言われています。

そこで、ライバーという職業はご存知ですか?世間一般にまだあまり浸透していませんが、スマホ1台で誰でも簡単に自己表現ができ、急成長をしている業界です。

ライバーとYouTuberの違いとは

ライバーとYouTuberを比べた時にライバーが有利となる点は大きく3つです。

  • 誰でも簡単に始めることができる
  • 視聴者とリアルタイムで交流できる
  • まだまだ伸び代の多い市場

それぞれもう少し詳しくお話しします。

ライバーはYouTuberより簡単に始めることができる

YouTuberになろうと思うと方向性やターゲット、動画編集など様々な知識が必要となる為、敷居が少し高めです。

しかしライバーはスマホ一台さえあればすぐに始めることができます。下の広告は17ライブという配信アプリですが他にも沢山の配信アプリがあります。

ライバーにはスキルが不要

YouTuberは撮影だけでなく動画編集のスキルが必要です。有名YouTuberになり金銭的に余裕ができれば業者に任せることもできますが、始めたてのうちは全て自分でやる必要があります。

しかしライバーはリアルタイムで視聴者に届ける為、編集作業がいらずスマホ一台あればすぐに始めることができます。

ライバーは特化した知識がいらない

YouTubeにはジャンルがあり、よほど有名なインフルエンサーでない限り、チャンネル開設の際にどんなジャンルのYouTuberになるかや、ターゲットを選定する必要があります

一貫性のある動画を上げ続けるのは簡単なことではなくネタ切れで動画投稿が続かなくなってしまう人が多いです。

しかしライバーは何かに特化する必要がありません。大きなカテゴリー(音楽、ゲーム、雑談など)はあるものの、ライバーのノウハウよりも、ライバー自身のファンになり応援してくれる視聴者が多いです。

メインのカテゴリーから多少外れても、視聴されなくなることはありません。

YouTuberよりも収益の出るスピードが早い

YouTuberは安定した利益が出るまでにかなりの時間がかかります。

ネタの選定から動画の編集までもかなりの時間を費やしますが、実際に認知され視聴数が増えるまでにはそこからさらに時間がかかります。

それに比べライバーは、早ければ配信を始めて半年でトップライバーと呼ばれる月収何十万〜何百万のライバーになることも可能ですし、YouTuberと同じく年収億単位なんてライバーもいます。

YouTuberは投稿してからライバーは視聴者とリアルタイムで交流できる

YouTuberと違い、リアルタイムで活動するライバーだからこそできることが沢山あります。

ライバーは視聴者を巻き込みやすい

視聴者とリアルタイムで交流ができることにより唯一無二の空間を作り出せるのは、ライバーならではの醍醐味です。

リアルタイムで視聴者を巻き込み、その時に集まったメンバーだからこそできる空間は、YouTubeでは作り出せません。

ライバーは誹謗中傷をあまり受けない

どんなに人気のあるYouTuberでも有名になればなるほどコメント欄の誹謗中傷は必ずあります。

ライバーも全く無い訳ではありませんが、視聴者としての存在がわかりやすい為、誹謗中傷があっても即ブロック等の対応ができます。

YouTubeのように、コメントとして残らない為便乗して誹謗中傷してくる人もいません。

ライバー業界はまだまだ伸び代が多い

SNSなどを通して個人の意見を簡単に発することができるようになった現代に、リアルタイムで自己表現ができ視聴者と繋がれるライブ配信はYouTubeでは不可能なことも可能にします。

YouTuberは様々なカテゴリーで絶対的な存在がいますがライバー界にはそのような存在がいません。まだまだ開拓できるこの市場は沢山の可能性を秘めています。

ライバーに挑戦してみたいと思ったら

YouTubeやInstagramのようにライブ配信業界には業界の覇者もまだ存在しません。

様々なアプリが乱立していますが、少しずつその特色があります。配信目的によってどのアプリが最適かはこちらにまとめてあります。

ライバーになってみたいと思われた方はぜひ読んでみてください。”ライブ配信アプリの選び方

私は現在Pocochaというライブ配信アプリでライバーをしています。下の広告からダウンロードできるのでこちらもよかったら是非遊びにきてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored by DeNA

コメント

タイトルとURLをコピーしました